アップルのクリックホイールのiPhoneプロトタイプ



オリジナルのiPhoneとiOSを作成するときにAppleがさまざまなアプローチを取ってきたことは何年も前から知っていますが、今日まではこれらの初期を度外視したプロトタイプを実際には見ていません。

Sonny Dicksonによって公開された写真とビデオは、サイトが主張していることを示す「AcornOS」というiOSの先駆者であり、携帯電話のインターフェイスをナビゲートするためにクリックホイールを使用しています。

プロトタイプの画面は2つに分かれ、ソフトウェアのクリックホイールが底を占め、iPodのストレートコピーであるメニューベースのUIがトップを占めています。

Dicksonはプロトタイプの信頼性の証拠としてオプションのクリックホイールを備えた「マルチタッチデバイス」を示す2006 Appleの特許が存在することを指摘していますが、iPod-PhoneはAppleの歴史のかなりの部分です。

どのデザインがうまくいくかを知るために、彼はiPodとMacintoshのチームを互いに対抗させ、Tony Fadell幹部とScott Forstall幹部がそれぞれ取り組んでいます。