東芝はSymbio、Alexa、1080pカメラなどを搭載した6-in-1スマートホームハブを発表

0
11

NewImage

スマートホームテクノロジーの加速が真にはじまりました。センサーやその他のデバイスを統合することで、ライト、スマートプラグなどの接続アプライアンス管理機能を超えたオールインワン商品が登場し始めてきています!その一つに、東芝はスマートホームスペース、Symbioを発表しました。これは、Amazon Alexaの音声制御が主導する6つのスマートなホーム・インテグリティを統合したものです。

セキュリティとエントリーコストが高いことを除けば、スマートホームオーナーを悩ませている最も大きな問題の1つは、家に散らばっている、インターネットに接続されたデバイス群です。 想像より多くのハブ、センサー、ガジェットがあり、そのほとんどが部屋に散在しています。

これらを1つのデバイスに統合することで、統一管理ができるようになり、スペースを取らなくて済み、うまくいけばコストを抑えることができます。それは東芝の最新スマートホームデバイス、Symbioというハブが登場した主な理由です。

NewImage

Symbioは、インターネットに接続されたすべてのデバイスのセンサを収容する円筒形のフォームファクタを採用しています。

その中核となる6-in-1デバイスは、本質的にはAlexaの音声制御機能を備えたよりスマートなスピーカーですが、1080p広角カメラ、スマートホームハブ、インターコム、サウンド検出器も含まれています。市販されている他のデバイスと比較すると、SymbioはAmazon Echo Plusと似ていますが、はるかに幅広い機能を備えています。

NewImage

オールインワンのホーム・ハブには、温度、湿度、周囲光センサーなどの、注目すべき機能も含まれています。ZigBeeとZ-Waveの両方のアンテナを備え、フィリップスフエ電球からモノプリスモーションセンサーまで、接続されたあらゆるガジェットとの統合が可能です。

Symbioは、家庭をリモートで監視し、接続されたデバイスとやりとりを可能し、iOSおよびAndroidアプリケーションでバックアップすることができます。

NewImage

東芝は、オールインワンハブで、スマートホームの冗長デバイスを削減するための魅力的な方法のように見えます。 Symbioの250ドルの小売価格は、1つのデバイスで考えると高く感じますが、6つの異なるスマートなホームガジェットを網羅しているという面で考えると魅力的なものです。同様のスペックのスタンドアロンデバイスを購入することを考えれば、東芝のハブはお買い得だと思います。