新しいAppleの特許出願は、長距離の無線チャージを検討?

0
86

NewImage
アップルの新しい特許出願は、FCCの認可を受けたEnergousシステムのラインに沿った、RFベースの長距離ワイヤレス充電に関するもののようです。

この特許出願では通常通り有線とワイヤレスの両方の充電を含みますが、実現しようとしていることは長距離の無線充電です。

RFベースの無線チャージには2つの問題があります。第1に、充電器からの距離が遠くなるにつれて、デバイスにチャージ可能な電力量が劇的に減少する問題があります。第二に、安全性として、送信できる電力量を制限する必要があります。

その結果、デバイスで使用可能な電力の量は非常に限られているため、Appleの特許では、どのデバイスがどのようなで順番でチャージできるかを決める方法が提案されています。

PC機器は、通信ネットワークを介して電子デバイスまたは電源アダプタと通信することができます。システム内の電源アダプタまたは他のコンポーネントは、オンラインアカウント、電子装置、および/または電源アダプタから情報を収集して、電源アダプタがそれぞれのコンピュータに電力を転送する際に使用する最適な電力転送方法を特定し使用することができるようです。

各電子装置に送信する適切な電力量を識別するのに使用される情報は、ユーザ装置の充電優先度設定、バッテリ充電状態情報、装置タイプ情報、使用履歴情報、カレンダー情報、および他の情報などの情報を含むことができます。

たとえば、iPadの前にiPhoneを充電するようにシステムに指示することができます。しかし、この特許では、さらに踏み込んだチャージ方法が検討されており、使用パターンに基づいて、一日を過ごすのに十分な充電を機器に行ったら、次の機器の充電に切り替えるなど、より洗練された組み合わせが可能であることを示唆しています。

詳細はこちら

http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2017/12/apple-invents-a-wireless-power-transfer-system-with-unique-optimum-power-scheduling-more.html