iPhone X:誤って911に電話しない方法

iPhone Xには多くの素晴らしい新機能があり、それに加えて、ホームボタンレスデバイスでジェスチャーやその他の変更をナビゲートする新しい方法があります。

いくつかの変更点は、サイドボタン(以前スリープ/スリープ解除ボタン)を使用できる新しい方法です。サイドボタン、ボリュームボタン、サイドボタンのサイズが大きく異なるため、誤って911に電話をかけてしまうことがあります。

誤って911に電話しない方法

iOS 11を搭載したiPhone XおよびiPhone 8/8 Plusのデフォルト設定では、緊急SOS用の「自動呼び出し」が有効になっています。つまり、サイドボタンと音量ボタンのいずれかを押し続けて保持し続けると、911コールが自動的に配置されます。

誤って操作してしまう例としては、自分のXの音量を下げようとしているのですが、意図せずサイドボタンも押してしまいます。

デフォルトのカウントダウンサウンドは非常に大きいので、電話をかける前にボタンを放す(またはタップをキャンセルする)のに数秒かかります。

誤って911に電話しないようにするもう1つの方法は、自動通話機能をオフにすることです。設定→緊急SOS→自動通話に進みます。

この機能をオフにしてもSOS通話が可能ですが、緊急SOS画面を呼び出すと(サイドボタンと音量ボタンを押しながら)、SOSスライダに手動でスライドして通話を発信する必要があります。オートコール機能は、同じ設定でもオフにすることができます。

911コールの場合、サイドボタンを5回すばやくクリックするオプションとは独立しています。

Emergency SOS画面に入ると、iOS 11に付属のセキュリティ機能であるiPhoneのロックを解除するためにパスコードを使用する必要があります。

アップルはiPhone 7以前のサポートドキュメントで、Auto Callオプションは利用できないので、サイドボタンを5回押してからスライディングすると、SOSコールを行うことができます。