Appleは開発者にiPhone Xのための準備が必要な事をリマインド

0
81

アップルは、iPhone Xリリースの1週間前ですが、開発者へ再度アプリをiPhone X用に準備する事を促している。開発者ブログの記事では、Appleは、XcodeでiPhone Xシミュレータを使って自分のアプリをテストするよう開発者に推奨している。

Appleは、開発者がXcodeを使って新しいiPhone Xの機能をテストし、スクリーンショットをキャプチャして、新しいメタデータとアプリをiTunes Connectにアップロードする簡単なヘッドアップを説明しています。

未来は今ここにあります。 iPhone Xは11月3日から利用可能になります。この驚異的なデバイスは、より没入感のある体験と顔認証、ロック解除、認証、支払いの安全な新しい方法のための全く新しいスーパーレティナディスプレイを備えています。

TrueDepthカメラはARKitで動作し、A11 BionicチップはCore MLとMetal 2用に設計されています。Xcode 9.0.1をダウンロードし、iPhone Xシミュレータでアプリケーションをテストし、スクリーンショットをキャプチャします。 iTunes Connectで最新のアプリケーションとメタデータを送信してください。

Appleはこれまで、iPhone Xの新しいベゼルレスOLEDディスプレイの設計について、開発者にいくつかのヒントを与えました。同社は開発者に対し、画面の上下に黒いバーが付いたノッチなどの「主要な表示機能」を隠さないように指示していました。

主要な表示機能にマスクをかけたり、特別な注意を払ったりしないでください。画面の上部と下部に黒いバーを置いて、ホーム画面にアクセスするためのデバイスの丸い角、センサーハウジング、またはインジケーターを隠さないでください。

iPhone Xは昨日の予約注文を受け、12月中旬までは売り切れました。このデバイスは11月3日金曜日の早い段階で消費者に届き始めます。