アップルはニュージーランドの無線充電の会社を買収

0
56

Appleはオークランドに拠点を置くワイヤレス充電会社PowerbyProxiを買収した。アップルが会社に支払った金額は不明です。PowerbyProxiはオークランド大学からのスピンアウトして2007年に設立された。

ハードウェアエンジニアリング部門のシニアバイスプレジデント、Dan Riccio氏は、買収についてニュージーランドのニュースサイト「スタッフ」と話しながらコメントした。 Riccio氏は、Powerbyproxiチームは、Appleが「ワイヤレスの未来を創造するために働いている」として大きな助けになると説明しました。また、Appleは「本当に楽な充電」を全員にもたらしたいと述べています。

ハイテクジャパンは、ハードウェアエンジニアのDan Riccioのシニアバイスプレジデントが「Appleがワイヤレスの未来を創り出すために働く中で、チームが大きな助けになる」としている。

「私たちは、世界中のより多くの場所やより多くの顧客に、本当に楽な充電をもたらしたいと考えています。

PowerbyProxiの創業者であるFady Mishriki氏は、同社は「Appleに参加することに興奮している」と述べ、

「チームと私はアップルに加わることに興奮しています。私たちの価値観と整合しており、オークランドでの成長を継続し、ワイヤレスチャージの大きな革新に貢献することができて嬉しく思います。

同社は、ワイヤレス電力コンソーシアムの将来のQi無線充電規格の開発に向けた活動に、これまでの国際投資と賞賛を集めています。

しかし買収に関する具体的な詳細は不明です。PowerbyProxiがAppleのハードウェアチームとどのように適合し、両者がどのように協力し合うかについても不明である。

iPhone 8とiPhone Xは、ワイヤレス充電をサポートする最初の2つのiPhoneモデルです。 Appleの技術はQi規格に基づいていますが、AppleはMophieなどのアクセサリーメーカーと充電ステーションを共同で開発しています。 Appleは、iPhone、AirPod、およびApple Watchを同時に充電できる充電マット、AirPowerをリリースする予定です。