マイクロソフトはOutlook for MacをiOSバージョンの様に改良

0
169

マイクロソフトは、Outlook for MacとWindows対応の両方の大規模な再設計に取り組んでいます。その目的は、ユーザーインターフェイスを簡素化し、iOSアプリとの連携を強化することです。 iOSアプリは7月に再設計されました。

主な変更点は、シングルラインのリボンと、より小さなデフォルトコマンドのセットです。

また、Macアプリはトラックパッドのジェスチャーを使って、メッセージを削除するスライドがあるなど、iOSのUIを模倣している。

マイクロソフトは、Macプラットフォームの重要性を認識し、Outlook独自のユーザー経験を提供していないことを認めていると言われています。

マイクロソフトは、「MacBookは主要なインフルエンサーと意思決定者の間で人気があり、最高のアウトルックを提供することでこれらのユーザーを獲得する必要がある」と認めている。全体のインターフェースは同じリボンの変更を取り上げ、 Mac用Outlookには、検索とカレンダーの改善も含まれています。検索は、アプリの右上に、より高速で信頼性が高く、見つけやすくなります。カレンダーは、情報の飛び出しと、予定を管理するためのより良いインターフェースで改善されます。

この新しいアプリは現在、社内テスト中で、Office 365の加入者に配布されます。