Jony Iveによると、iPhone XはiPhone開発の新しい章の始まりに過ぎない

0
139

iPhone Xの発売について行われた簡単なインタビューで、AppleデザインヘッドのJony Ive氏は、新しいフラッグシップiPhoneが長年の努力の成果を表しているが、これは始まりに過ぎないと語った。

Iveは、iPhone Xは同社のスマートフォンのデザインに大きな変化をもたらしたと語った。

日本のファッションデザインのサイトBrutus Casaと話をしたIveは、Appleが何年も前から「ガラスの単一のスラブ」として描いたものをデザインしようとしていたと語った。

これ以前は、エンクロージャ(筐体)とディスプレイと呼ばれる個々のコンポーネントが存在するという感覚がありました。私たちが常にやりたいことは、私たちがさまざまな部分を考慮したものを統合する本質に取り組むことです。このような観点からiPhone Xを見ると、私は何年もかかると思っており、ついにそれを達成することができました。

彼は、ある意味ではiPhone Xは長期目標の終点を表しているが、開発の新しい段階の始まりでもあるという。

私たちにはより多くの大きなアイデアがあり、すでに取り組んでいます。 iPhoneの1つの終わりではなく、むしろ新しい章とその開発の始まりです。

アイブ氏はFace IDの重要性についても話しました。あなたを認識するデバイスを持つことと、電話に注意を払っているときのように見えることが重要であると言っています。彼は、重要な設計目標として機能に焦点を当て、フォームがユーザーにはほとんど見えないようにすることだと言います。 Touch IDをFace IDに置き換えることは、デバイスとの意識的なやりとりを取り除くという目標の一歩です。

iPhoneの10周年を迎えて新しいデザインを実現するというプレッシャーがあるかどうかを問うと、彼は同意したが、最終的には「素晴らしい偶然」だと主張した。