AppleはiOS 10.3.3とiOS 11のサインインをやめ、iOS 11以前のファームウェアへダウングレードを不可能に

0
192

iOSの新しいバージョンのリリースに続いているAppleは、iOS 10.3.3とiOS 11の署名をやめた。同社はもともとiOS 11を先月リリースして以来、2回のバグ修正アップデートを行いました。

AppleがiOS 10.3.3への署名をやめた今、ユーザーがiOS 11以前のファームウェアに戻ることは不可能だと思われます。つまり、現在のiOSの以前のバージョンを使用していて、そこに留まる場合は、ダウングレードする方法がないため誤って更新しないようにする必要があります。

iOS 11には、全く新しいコントロールセンターのデザイン、新しい通知センター、その他さまざまな改良など、多数の新機能と拡張機能が含まれています。 iOS 11がリリースされた後、AppleはiOS 11.0.1をバグ修正とパフォーマンスの向上によりリリースしました。その後、今週、Appleは選択されたiPhone 8とiPhone 8 Plusデバイスでコール品質を改善することを主な目的としたiOS 11.0.2をリリースした。

iOS 11.0.2にアップグレードしても、引き続きiOS 11.0.1にダウングレードできますが、それ以上は戻れません。通常、Appleが古いバージョンのiOSに署名をやめると、その影響を最も受けているのは脱獄ユーザーです。

Appleは現在、iOS 11.1のベータ版をテストしています。iOS 11.1は、おそらく今月中にリリースされる可能性があります。おそらく、Apple Pay Cashをサポートしています。