watchOS 4:オーディオアプリが自動的にApple Watchに表示されないようにする方法

watchOS 4には、Apple WatchまたはiPhoneでオーディオを再生、画面をスリープ状態にしたときに、オーディオアプリを自動起動する新しいデフォルト機能が含まれています。

自動起動Now Playingは、時計の音楽や携帯電話のポッドキャストなどを再生するときに便利です。腕時計スクリーンの再生/一時停止とシークコントロールへの即時アクセスと、デジタルクラウンを回転させて音量を調整する機能は、AirPodを使用すると非常に優れています。これは、iPhoneのロック画面でのNow Playingコントローラのようなものです。

しかし、この動作はApple Watchでは必ずしも適切ではありません。幸いにもそれをオフにする簡単な方法があります。

自動起動は、iPhoneまたはApple Watchから無効にすることができます。

iPhoneから、Watchアプリに行き、My WatchタブのGeneralセクションを見つけ、Wake Screenを探し、Auto-launch Audio Appsをオフに切り替えます。

アップルウォッチから直接、時計の顔からデジタルクラウンをクリックしてアプリランチャーを見つけて、設定アプリを探し、一般を見つけてから、Wake Screenを起動し、オーディオアプリの自動起動をオフに切り替えます。

元に戻したい場合は、この設定に戻ることができます。また、AirPodには便利なwatchOS 4のWorkoutアプリがあり、アクティブセッション中にスワイプでNow Playingコントロールを見つけることもできます。