アップル、W1チップを搭載した新しいBeats Studio 3ヘッドフォン、優れたノイズキャンセルとバッテリ寿命

アップルは、W1のラインナップ、Beats Studio 3のオーバーイヤーヘッドフォン(349ドル)に新たな機能を追加しました。新しいモデルは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchとの自動ペアリングにW1チップを使用し、最大40時間のバッテリー寿命を誇ります。これらは、Bose QC35ヘッドフォンに対するBeatsの対応と非常によく似ています。

スタジオ3シリーズのもうひとつの新機能は、適応ノイズキャンセルです。ヘッドフォンは、周囲の環境に動的に耳を傾け、アルゴリズムでノイズキャンセルの強度を調整します。ノイズキャンセリング機能を有効にすると、バッテリーの寿命は22時間に低下します。

一般的に、新しいスタジオ3は前世代とよく似ています。基本的な前提は同じです:Beats Solo 3ワイヤレスヘッドフォンのオーバーイヤーバージョンです。

デザインはStudio 2によく似ていますが、Appleは内部構造が改装され、耳のクッションはこれまで以上に快適で、終日使用できるように設計されています。

新しい「Pure Adaptive Noise Cancelling」は、2つの統合マイクロフォンを使用して周囲の音を検出し、その波形を音楽のサウンドファイルと比較します。

W1チップを搭載することで、ヘッドフォンはAppleデバイスで使用できるように設計されていますが、Bluetoothデバイスでも使用できます。

箱には、ビートがヘッドフォン、キャリングケース、マイクロUSB充電ケーブルが同封されています。市場には5つのW1ヘッドフォンがあります。スタジオ3がAirPods、Powerbeats 3、Beats X、Solo 3に比べてどのように優れているかをご覧ください。

Appleはスタジオの有線バージョンを更新していない。同社は非ワイヤレス製品を放棄しているようだ。もちろん、何らかの理由でBluetoothを使用したくない場合は、「ワイヤレス」スタジオの3.5mmジャックを使用することができます。

バッテリー寿命は、適応ノイズキャンセル機能をオンにして22時間、ノイズキャンセル機能を無効にして40時間(ソロ3にマッチする)に設定されています。スタジオの機能は、10分間の高速充電で3時間の再生を実現するファーストフューエルモードです。

バッテリがほとんどなくなると、ヘッドフォンは自動的にノイズキャンセルを無効にして寿命を延ばすことができます。

ヘッドフォンは6色(赤、マットブラック、ホワイト、ローズ、ブルー、シャドウグレー)で販売されています。シャドーグレイの色は限定品で、金色のアクセントが特徴です。

新しいBeats Studio 3ヘッドフォンは、今日Appleから350ドルで注文できますが、10月に出荷されます。