Google Maps v9.60は、Oreoのピクチャー・イン・ピクチャーのサポートを改善

0
297

今月初め、Googleは静かに、アプリのベータ版で、Googleマップ上のピクチャインピクチャーのサポートを追加した。そして今、このアプリの新機能はついに安定版にプッシュされました。

Android用Googleマップv9.60は新しいピクチャー・イン・ピクチャー機能をただデビューさせるだけではなく改良しています。以前のバージョンでは、PiPモードは使用できませんでしたが、v9.60では、アクセス方法が分かっている限り、すべての機能が有効のようです。

現在、この機能はキーコードを使用して起動する必要があるため、実際には機能していないようです(最終的なOreoリリースでは実際には実行できません)。

マップのPiPウィンドウは、積極的にナビゲートしている間だけ動作し、道路名やターンのような基本的な方向や到着予定時刻などの情報をポップアップ表示します。その上、ウィンドウには現在の周囲の地図が表示されますが、それは実際に使用するには小さすぎることは明らかです。

PiP以外にも、Google Maps v9.60には、ビデオを提出するローカルガイドのサポートが追加され、将来の機能の基礎が築かれています。Android PoliceはAndroid向けのマップに今後登場する予定の機能をいくつか発見しました。それには、食べ物のレビュー、ビジネスオーナーがモバイルからのイベントを公開する機能、ショートカットなどが含まれますが、最も注目すべき新機能は、個人的なメモを追加できることです。

Googleは、ユーザーが特定の場所に結びついたメモを追加できるようにするGoogle Mapsの新しい機能を準備しているようだ。機能はかなり基本的なようだが、アパート番号やゲートコードなどの情報を持っているとアプリ内で便利になる可能性があります

Android v9.60用GoogleマップはGoogle Playからインストールできます。