iPhone 8カメラは、「SmartCam」のシーン選択、Apple Pay Face ID対応?

0
323

iPhone 8カメラは、HomePodソフトウェアで、Guilherme Ramboが発見したコードに従い、新しい「SmartCam」シーン選択機能が出てくる可能性が出てきました。このコードは、SmartCamを新しいカメラアプリで使用して、日の出や花火などの特定のシーンを撮影する際に、最高の写真をインテリジェントにキャプチャできる機能になります。また、顔認識と思われるものがあり、Apple Payを認証するための追加のコードリファレンスも見つかりました。

SmartCamコードは、Baby、Bright Stage、Document、Fireworks、Foliageなどのさまざまなシーンを参照します。おそらく、iPhoneカメラソフトウェアは、これらのシーンに現れるオブジェクトを探して、各ショットの最適なキャプチャ設定を自動的に選択します。

Appleはすでに「写真と検索」や「思い出」の中でオブジェクト認識を使用しており、将来のiPhoneには、これらのような機械学習タスクに最適化する専用の「ニューラルエンジン」プロセッサが必要になります。このタイプの自動処理は、ユーザーがインタフェースを呼ぶことなく、バックグラウンドで既に行われている可能性がありますが、これは次のiPhoneで対応する具体的な強化であると予想されます。

HomePodソフトウェアで発見されたその他のコードは、AppleがiPhone 8で、Touch IDの代わりにApple Payを認証できる顔認証機能がある可能性があることを裏付けている。特定のコードは ‘pearl.field-detect’と ‘passbook.payment.contactlessinterface’で確認されています。

BloombergとKGI Securitiesの両社は、iPhone 8が新しいデザインのために指紋認識の代わりに顔認識に依存すると報告した。

最後に、誘導充電、および ‘2017iPhone’とHomePodコードに含まれている6.5インチの網膜ディスプレイについても言及しています。 iPhone 8のディスプレイは5.8インチと予想され、ワイヤレス充電は今年後半に新しいiPhoneモデルに登場する可能性があります。