Chrome OSのキーボードレイアウトが流出、アシスタントキーがChromebookに配置される可能性

0
110

ここ数カ月間、Google Assistantと新しいキーボードファンクションキーの追加を示唆するChrome OSプロジェクトへのコードコミットがますます増えています。流出したスクリーンショットでは、GoogleがChromebookのキーボードレイアウトをどのように更新するかを示しています。

流出したスクリーンショットはChromeUnboxedによって発見され、画像を含む非公開Chrome Bug Trackerレポートへのリンクが送信されました。

仮想キーボードの画像は、数日前からChrome OSのコードで見たものとほぼ完全に一致しています。これには、前方(F2)ボタンの取り外し、およびミュートキーのすぐ左の再生/一時停止メディアボタンの追加が含まれます。新しい「Application Launcher  – コントロールパネル」機能ボタンに「システムメニュー」というラベルが付いていることも確認できます。

新しいシステムメニューキーがどのようなものに使われるのかは分かりませんが、アプリケーション内でChrome OSのシステムトレイやメニューシステムを起動すると考える人もいます。

このスクリーンショットが確かなものであれば、Googleはスペースキーと同じ行にアシスタントキーを配置しているように見えます。この配置は、AppleとMicrosoftのコンピュータ上にあるコマンドとWindowsのキーに非常によく似ています。これは、ボタンの配置がユーザーにとって使い慣れたものになるようにする必要があります。