ARKitとUnity3Dで作成されたデモ、映画制作のためのARの可能性

0
353

ARKitが、開発者にバーチャルテープの測定からゲームのような楽しいものまで、印象的な拡張現実のアプリケーションを作成するのをどのように支援しているかを見てきました。しかし、映画制作者が仮想キャラクターを実際のものと融合させるためにこの技術を採用しようとしていることがわかってきました。

最近、80年代のミュージックビデオを複製するデモアプリでこれが試されています。また、インディーズのゲーム開発者Duncan Walkerは、ロンドンの通りに幾分恐ろしい現実的なロボット兵士を配置した動画を公開しました。

Walker氏は、Unity3Dでロボットを作って、自分のiPhone 7で街頭映像を撮影した後、ARKitを使ってロボットを融合させたと語りました。低解像度のTwitterビデオはその効果を多少なりとも損なわせますが、TNWのようにその結果が非常に現実的であることはわかります。

最終的な効果は、率直にも印象的なものではありません。実際には、レンダリングされたモデルは、自然な人間の動きとして渡すのに十分なように見えます。手の動きの激しいカメラダイナミクスは、ロボットの動きとほぼ完全に一致します。

Walker氏は次の実験で方向性のある光源を適用させると述べています。

これは、これまでは、大きなスタジオで使用されていたフルCGI設備で作成されるテクニックです。

下のデモをご覧ください。