AppleはTestFlightテスターの制限を10,000ユーザーに拡大

0
797

Appleは本日、TestFlightプログラムでテスターの数を拡大したと発表しました。開発者は以前は2,000人までのユーザーを招待してアプリケーションのベータテストを行っていましたが、今では10,000人の外部テスターを招待することができます。

Appleは、この拡張により、開発者はApp Storeでアプリやアプリのアップデートを公開する前に、ユーザからの貴重なフィードバックを受け取ることができるようになると語っている。

App Storeでリリースする前に、アプリをベータテストするために最大10,000人のユーザーを招待することで、さらに貴重なフィードバックを得ることができます。 TestFlightを使用すると、電子メールアドレスだけでテスターを招待することが簡単になり、テスターはTestFlightアプリ内で迅速にフィードバックを提供できます。

TestFlightはAppleのアプリケーションベータの管理サービスです。開発者は、TestFlightを使用して招待されるだけで、ユーザーが公開する予定のアプリやアプリのアップデートを作成し、公開する前にフィードバックを収集し、バグを修正することができます。

当初AppleはTestFlightテスターを1,000人に制限していましたが、2015年に、これを2,000人に増やしました。今日の発表では、2014年にAppleがTestFlightを買収して以来の最大の増加です。AppleはTestFlightアプリケーションで、新機能やバグ修正の為に、複数ビルドのサポートや強化されたグループなどの新機能を提供しています。