新iOS用Gboardは、Google Maps、YouTube、およびドローイングピクチャをサポート

iOS用のGboardは、今日、iOSユーザーのためのいくつかの便利な新機能を追加しています。 App Storeで提供されている最新のアップデートでは、GoogleはGoogle MapsとYouTubeを統合し、「アーティスト」という新しいオプションを追加しています。

GboardのGoogle MapsとYouTubeとの新しい統合は、だいぶ便利になるように設計されています。私たちは、メッセージや電子メールから情報をコピーして貼り付けて使っています。メッセージのアドレスをマッピングアプリケーションに追加する場合は、アドレスを強調表示してコピーし、アプリに貼り付けてからナビゲーションを開始する必要がありました。

このGboardアップデートでは、iOSユーザーはリンクをメーラなどで受信した後、コピペなしで、Googleマップへリンクを送信することができるようになります。

友人や家族と場所を共有する場合も簡単です。 Gボタンをタップして「マップ」をタップするだけで、現在地やローカルアドレスを共有できます。

同じことがYouTubeにも当てはまります。 Gboardから直接、YouTube上の何かを検索し、そのリンクにメッセージつけて投稿することができます。これらの新機能は、標準のGoogle検索と並んでタブとしてGboardに表示されます。

それと並行して、iOS用のGboardには、「インク」という新しい描画モードが追加されています。Apple独自の機能で、Ink for Gboardは、現在開いているアプリケーションを離れずに、独自の画像を作成して送信するオプションをユーザに提供します。

新しいインク機能を使用して、作成した作品をキーボードから直接描画して共有することができます。絵文字ボタンをタップしてからペンアイコンをタップするだけで作業できます!

このアップデートでは、iOS向けのGboardにアラビア語、ヘブライ語、ペルシア語の3つの新しい言語が追加されました。これらの機能はすべて、iOS版Gboard専用です。