LG Displayが2018年にAppleの第2のOLEDパネルサプライヤーに

SamsungはiPhone 8用のOLEDディスプレイの唯一のサプライヤーだと思われるが、KGI Securitiesの信頼できるアップルアナリスト、Ming-Chi Kuo氏からの新しいレポートによれば、LGもサプライヤーに加わる可能があるという。

Kuoは、LGが2018年にAppleのOLEDサプライヤーになることを示すいくつかの要因があると説明している。Appleについて、KuoはOLEDパネルが "Appleにとって最も厄介なコンポーネントの1つである"と語った。この画面技術に関して、Appleは交渉力の一部を失っており、クオは、Appleが「2018年にLGディスプレイをOLEDディスプレイ事業に合わせることを約束している」と考えている。

さらに、LGは他の業界のサプライヤーとの協力関係を改善し、出荷利回りを向上させることができるという。

サムスンは現在、フロントエンドとバックエンドの製造を扱うAppleの唯一のiPhone OLEDパネルサプライヤーです。 LGDは同様の生産モデルを導入することができると考えています。しかし、その強みがフロントエンドのプロセスであることを考えると、GISのような特殊なバックエンドプロセスプロバイダーと協力することは、iPhone OLEDパネルの出力レートを大幅に向上させると考えられます。

最後に、Kuo氏は、MegaSiteとの積層化の改善とFoxconn製造施設との統合のために、LGがGISと提携する可能性が高いと説明しています。

GISはOLEDのLGDと提携し、ラミネーションの資格、MegaSiteの経験、Hon Haiとの垂直統合のメリットを得た可能性が高い。