AppleのMetaio特許は、噂の拡張現実感眼鏡を示している?

ARグラスでアップルが取り組んでいるという噂は、大きくなってきており、今日公開された特許出願は、同じアプローチがスマートフォンの画面とスマートな眼鏡の両方にどのように適応できるかを示しています。また、2つのデバイスがどのように連携して使用されるかについても説明します。

この実施形態は、カメラとスクリーンとを備えるヘッドマウントディスプレイを使用する場合に特に有用です。例えば、ヘッドマウントディスプレイは、ビデオスルーヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。ユーザがタッチスクリーンのような方法で頭部装着型スクリーンに触れることは、典型的には不可能です。しかし、画像をキャプチャするカメラを使用して、画像内のユーザの指の画像位置を検出することもできます。ユーザの指の画像位置は、タッチスクリーン上のユーザの指が触れた点に触れることと同等に処理できます。

今日公開された特許は、Appleが5月に買収したARソフトウェア開発者Metaioの仕組みを利用しています。その後、Appleのインテリアデザインやアニメーション映画のポスター用ARの使用方法など、多くの特許がAppleに割り当てられています。

この特許は、ARがスマートフォンのみで使用されていることと、拡張された画像がスマートな眼鏡と電話の両方に現れるハイブリッドアプローチで使用されていることを示しています。アイデアは、ユーザーが電話機を使用してメガネに表示されている画像とやりとりすることができるということです。

この特許は今年の4月に提出され、今日公開されました。いつものように、アップルは市場に出さないあらゆる種類の技術を特許出願しているが、拡張現実感に対する会社の熱意を考えると、スマートな眼鏡に関する噂は、少なくとも信憑性があるようだ。