アップルはサムスン供給への依存を減らすため、独自のOLED技術を開発?

この時点で、iPhone 8(またはiPhone Proなど)に新しい(5.8インチ)OLED画面が搭載されることはよく知られています。サムスンは現在、携帯電話サイズのOLEDパネルの世界的な供給を支配しているため、ディスプレイはSamsungによって独占的に製造および供給されるとの報告がある。 AppleはクリティカルなiPhoneコンポーネントに、ただ1つのサプライヤに頼ることは決してありません。

ET Newsの記事(Digitimes経由)によると、アップルはCVD装置を購入し、台湾でOLEDスクリーン技術専用の研究開発ラインをセットアップしたとのこと。Apple自身が部品の製造を行うことはまずないが、サムスンだけでなく、OLEDサプライチェーンを最終的に拡大することを目指している。

アップルが新しい技術を大衆市場にもたらすための研究、工具や設備に投資するときは、過去に何度もありました。

しかし、AppleはFoxconnやPegatronのような中国の工場にその機器をライセンス供与したりリースしたりするのではなく、実際のメーカーであることを望んでいるようです。

報告書によると、アップル社はOLEDパネルの製造に使用されている化学気相蒸着装置を購入しているという。

これらのCVD装置は広く普及しておらず、現在の生産量の大半は日本の大手企業であるCanon Tokkiが大部分を占めており、その能力の大部分はサムスンディスプレイに支配されているという。 iPhoneやApple WatchモデルなどのAppleデバイスの製造に独自のCVD装置を使用することで、より多くのメーカーにOLEDサプライチェーンを開放することができます。

アップルのOLEDへの研究開発は、現実の世界でスピンアップして影響が出るまでにはしばらく時間がかかります。 iPhone 8向けの受注は、すでにSamsungと契約を結んでおり、今後2年間で少なくとも1億6千万のOLED iPhoneパネルを製造する予定です。

iPhone 9が登場する頃には、OLED製造の可用性が向上するはずです。これまで、アップル社はOLEDの製造指図に関してLG Displayと協議中であると報じられています。

2017年、AppleはOLEDスクリーンパネルを搭載したiPhoneの単一モデルをデビューする予定です。他の2つの噂の携帯電話は、現在の世代と同じLCDパネルを維持すると予想され、現在のiPhone 7とiPhone 7 Plus Plusはハードウェア設計に似ています。

来年、Appleは3つの新しいOLED iPhoneモデルを出荷したいと考えているようだ。そのビジョンを実行するためには、OLEDの歩留まりが劇的に改善する必要があります。そのため、R&Dに投資することは理にかなっています。