9月20日にYouTubeがビデオエディタと写真スライドショーを終了

オンラインビデオコンテンツを見るための最大のプラットフォームの1つであるYouTubeは、ユーザーが自分のコンテンツをアップロードして他のユーザーと共有できるよう支援するサービスです。。残念なことに、高価なソフトウェアを使わずに「洗練された」ビデオを作成したいと思っている人たちのために提供していたツールのうち2つが、9月20日に廃止される予定です。それらはYouTubeのビデオエディタと写真スライドショーツールです。

ビデオエディタとフォトスライドショーのサポートページで強調表示されているのは、ツールの削除を示す大きなバナーです。 

YouTubeでは、ビデオエディタや写真のスライドショーツールがなくなるにもかかわらず、機能強化が継続されると述べています。拡張機能を使用すると、アップロードした動画をトリミング、ぼかし、フィルタリングできますが、動画の作成には使用できません。

ビデオエディタまたは写真スライドショーツールを使用したい場合は、9月20日までにまだ編集中のプロジェクトを完成させて公開する必要があります。