ウェブ上のGoogle Playミュージックでは、サイドナビゲーションレールが便利

Google Playミュージックでは、ウェブアプリを少し微調整して、ナビゲーションをやや簡単に、しかも目立つように高速化しています。ナビゲーション・ドロワーを表示するためにハンバーガー・ボタンをタップする必要はなく、永続的なサイド・ナビゲーション・レールがあります。

ウェブ上のGoogleフォトで行われているアプローチと同様に、ホーム、ミュージックライブラリ、Recentsの3つの永続アイコンがあります。下の垂直オーバーフローアイコンの上にカーソルを置くと、トップチャート、新規リリース、ブラウズステーション、ポッドキャストのボタンが表示されます。このアイコンのセットは、AndroidやiOSのアプリにあるアイコンと同じです。

これらの3つのボタンとオーバーフローショートカットは、アクションバーのすぐ下にあるPlayミュージックウェブアプリ内のどこにでも表示されます。

古いナビゲーションドロワーは変更されずにアクセスできます。インターフェイスの重複のように見えますが、設定、ゴミ箱、音楽のアップロード、および他の同様の操作は、古いドロアーのみアクセスできます。

全体的に見て、この変更は基本的な機能にアクセスするためにドロアーを常にスライドさせる必要がある場合よりはるかに効率的です。