Apple、機械学習の研究を共有する技術者向けのオンラインジャーナルを発表

Appleは、AppleのソフトウェアエンジニアがAIや機械学習の分野で研究や革新を文書化するためのブログ「Machine Learning Journal」を立ち上げました。最初の投稿は、追加のトレーニングデータを手作業で収集せずに画像ベースの機械学習モデルを改善するための研究論文への洞察を共有しています。

Appleは1年を通してこのサイトを新しい投稿で更新し、外部のエンジニア、学生、研究者からの質問を招待します。

最初の投稿は時間がかかり、確かに主流ではありません。それでも、それはアップルがその仕事についてよりオープンになっている証拠になります。

昨年末、Appleは学界とオープンになり、最初のAI研究論文を発表したと語った。この新しいオンラインジャーナルは、その方向性の別のステップを表しています。

「合成イメージのリアリズムを改善する」デビュー・ポストは、豊富な書式設定、GIF、チャート、およびトピックを説明するのに役立つイラストレーションや、他のイメージを用いて、高い生産価値を持っています。 Appleのエンジニアの経験に基づいていくつかの提案を提供する「Tips and Tricks」セクションもあるので、他の人にもメリットがあります。

この記事では、Appleが自社の製品やサービスで学んだことをどのように使っていたかについて詳細には触れていませんが、これは研究と理論に基づいています。 Appleは利害関係者からのフィードバックを受けています。質問とコメントをmachine-learning@apple.comに送れます。

投稿は年月のみの日付なので、典型的なニュースサイトのような非常に頻繁な更新を期待できないかもしれません。