Appleは、App Store、iTunes Store、およびApple Musicの支払いオプションとしてPayPalを追加

Appleは本日、App Store、iTunes Store、iBookstore、およびApple Musicサービスに新しい支払い方法としてPayPalを追加すると発表しました。Appleのユーザーは、アプリ、音楽、映画、テレビ番組などを購入するためにApple IDにPayPalを追加することができます。

PayPalは、アカウントにクレジットカードを登録したくない(またはできない)ユーザーのためにギフトカードに代わる優れた方法です。このオプションは現在、一部の国で利用可能であり、米国を含め、間もなくより多くの顧客に展開されます。

これまでのところ、Appleはユーザーに銀行カードまたはギフトカードクレジットのいずれかを使ってデジタルコンテンツを購入させることしかできなかった。 PayPalを追加することで、Appleのサービスを利用して世界中のユーザーがさらに多くのユーザーに購入を促すことになります。

PayPalは、ギフトカードと同じく、ほとんどのもののお買い物で使うことができます。つまり、App Storeのアプリ、Playミュージック、iTunesでのTVショー、Apple Musicの購読の更新、さらにはiCloudストレージプランの支払いにPayPalを使用することができます。

ストアアカウントにPayPalを追加するには、ここをクリックしてiTunesのアカウント画面を開きます。次に、[支払い情報]を選択し、[支払い方法]オプションで[PayPal]を選択し、手順に従って認証を行います。

セットアップが完了すると、将来のAppleコンテンツの購入(アプリ、音楽、映画、書籍など)はすべて、指定されたPayPalアカウントに請求されます。

Apple IDのPayPal支払い方法は、今日、メキシコ、カナダ、ドイツ、オランダ、英国で開始されています。同社は、米国を含めて、今後数週間で他の地域でも発売されるとしている。