サムスンは、AppleのチップとOLEDパネルの需要により、第2四半期の利益を予測

サムスンは、第2四半期の利益は同社の過去最高記録を容易に達成すると予測している。 S8の主力製品であるスマートフォンの販売はいくらかの役割を果たしますが、この利益の大半はチップとディスプレイパネルから来ると予想されます。

サムスンは約14兆ウォン(12.1億米ドル)の利益を、前年同期比72%増と予想しており、iPhone 8はこれに相当する可能性が高い。

アップル社はサムスンと2年契約を結び、少なくとも70M、おそらく92MのOLEDスクリーンを供給すると伝えられている。サムスンは、世界最大のOLED製造工場を建設する計画を立てて対応した。来年の3つのiPhoneモデルすべてで新しいディスプレイ技術を使用する予定であることから、AppleのOLEDスクリーンに対する需要は、Samsung契約の2年目で増加する可能性が高い。

Samsungはまた、Appleのサプライチェーン管理において重要な役割を果たしており、OLEDスクリーンのためのディスプレイドライバチップを製造し、Appleのために他のサプライヤーから部品を調達している。

さらに、AppleがDRAMとNANDチップの世界的な不足を生み出すiPhone 8コンポーネントの注文を受けて、Appleは昨日、3D NANDチップの一部についてSamsungのチップ部門に転じたと報告された。

ロイター通信は、Q3がアップルの注文が増えるにつれてサムスンにとってさらに別の記録を設定する可能性があると報告している。

HMCインベストメントのアナリスト、グレッグ・ノー氏は、「7月にDRAMの価格は再び上昇するだろうが、8月中旬からOLEDパネルがアップルに向かう」と述べた。彼は三星の第3四半期の営業利益が15兆ウォンを超えると予想している。

サムスンのコンポーネント事業がスマートフォン部門よりもはるかに収益性が高いため、同社は自社の携帯電話よりもiPhone 8の成功にもっと密接に結びついているという皮肉な立場にあります。