サムスンは、世界最大のOLED生産工場を建設

Samsungは、世界最大のOLED生産工場を建設すると言われており、今後のiPhone 8以降のディスプレイの需要を満たすことを目指している。報告書は、同工場が必要とする生産設備のメーカーと計画を共有したと発表した。

しかし、サムスンはiPhone 8用ディスプレイの唯一のサプライヤーと考えられているが、その後のOLEDモデルではこの位置を保持する保証はない。

サムスンは既に既存工場の1つを拡張してiPhone 8の受注を達成しており、月間135,000パネルの生産目標を達成することができます。 ETの報道によると、同社は現在20億ドルを超える大規模な投資を行っている。

28日の業界によると、サムスンディスプレイは、生産能力が月産270,000枚の第6世代フレキシブルOLED生産ライン「A5(仮称)」の建設を開始した。投資は201億〜210億ドルの間です。

携帯電話向けのフレキシブルOLEDディスプレイでのサムスンのリードは、アップルがiPhone 8の唯一のサプライヤーとして選んだ理由だが、他の企業もAppleの将来のビジネスを追いかけている。 LGは先月、OLEDの生産能力を3.5億ドルに増やし、テレビのディスプレイからスマートフォンへの転換を発表した。シャープとジャパンディスプレイは、Appleからの今後のOLED受注も狙いとしている。

今年はiPhone 8がOLEDディスプレイを使用する唯一のiPhoneとなる見通しですが、他のモデルはIPS液晶画面を採用していますが、Appleは2019年までにすべてのiPhoneでOLEDを使用する予定です。

しかし、これがどれほど長くなるかは不明です。アップルはすでに、OLEDからマイクロLEDディスプレイを検討しています。同社はこの技術に特化した企業を2014年に買収し、Apple Watchに最初に導入する可能性が示唆されています。 Appleは今年の試作生産を開始すると言われている。