IKの新しい「iRig Pro I / O」ポケットサイズのiOS / Macオーディオインターフェイスが利用可能

IK Multimediaは、最近のモバイルオーディオレコーディングで最も有名です。iOSのミュージシャン/プロデューサーをサポートする製品は数多くあり、スピードが遅くなるという兆候は見られまます。今日、同社は新しいiRig Pro I / Oを搭載した最新のモバイル・インターフェースを発表しています。

人気のあるiRig PROの後継バージョンであるPro I / Oでは、モバイルミュージシャンがギター、ベース、ボーカル、キーボード、さらにはMIDIデータなど、iOSに直接録音することができます。一般に、モバイル録画に向けて異なるアプリケーション用に別々のアダプタを購入する必要がありましたが、IKは完全なMac / PCサポートとともにすべてを結集しています。

内蔵のClass-Aプリアンプを使用して24ビット/ 96kHzのフル解像度の録音を完成させています。録音中に状況を監視するのに便利な1/8インチのヘッドフォンジャックもありますが、従来のコネクタをiPhone 7 / Plusの設定に追加しています。このユニットは、iPhone / iPadに接続されている場合、2本の単三電池で、Macの場合はUSB経由で動作します。しかし、iRig Pro I / Oは、DC入力ポートとオプションの専用電源を使用して、接続されたデバイスを充電することができる最初のデバイスです。

接続に関しては、典型的なアナログニーズ(ギター、ベース、マイク、ボーカル)すべてに対応する1/4-inch / XLRコンボジャックと、付属のMIDI-DINアダプタによる1/8インチMIDIイン/アウト設定があります。さらに、IKはUSB to MIDIアダプタとメインのLightning接続ケーブルでスローされています。

IKはAmpliTube 4、AmpliTube for iPhone and iPad、SampleTank 3 SE、T-RackS Deluxe with Mic Roomを含む「500ドル以上」のソフトウェアを追加しています。