Tony Fadell氏は、異なるiPhoneデザインで作業する競合チームについて説明

アップル社がクリックホイールiPodをベースとしたiPhoneを考えたことは間違いないようです。今年初めには生き残ったプロトタイプを確認できました。スティーブジョブズは、iPhoneのさまざまなアプローチに取り組む競合チームを作りました。「iPodの父親」Tony Fadellは新しいインタビューでこれについて語ります。

WiredはiPhoneの起源についてのさまざまな話について彼に尋ねました。Fadellによると、複数のプロジェクトがあったようです。

タッチインターフェースを備えたビデオ用の大画面iPodがありました。基本的にはiPod MiniだったかもしれないiPodの携帯電話があり、その中には車輪と小さな画面を持つ携帯電話がありました。

それから、iPod番電話機がありました。それはiPodの中に電話をつけるイメージで、ヘッドホンを使って電話をかけることができました。ただし、適切にダイヤルしたり、テキスト入力や何か他のことをすることができないという問題を抱えていました。

Scott Forstallは最近、携帯電話がiPodの売り上げを食い止めようとしているAppleの懸念について語りました。そしてFadellは誰もがこの圧力を非常に意識していたという。

しかし、私たちが遭遇したのは携帯電話でした。この機能をどのようにして大きな問題にしたのか、また、iPodと携帯電話はどちらを取るのか?

そこで考えられたのが、モトローラとの提携です。

私たちはベストを尽くしました。モトローラはそれだけで多くのことをします。彼らのソフトウェアチームはとても良かったです。彼らの運営体制はとても良いものでした。しかし、その経験はあまりうまく機能しませんでした。

当時、Appleはファデル氏に言いました。

Appleは、ストリーミング・ミュージックがいつかは大容量のiPodに取って代わることを知っていました。

いつでもダウンロードできるようになっていて、3Gのためにネットワークが高速になる時代を見て取ることができました。 

Appleはまた、Mac用のマルチタッチ技術で遊んでいました。

タッチスクリーンのMacbookプロジェクトは、基本的にタッチスクリーン技術をMacに搭載してMicrosoftのタブレットと競合しようとしていました。スティーブは怒り、正しいことをする方法を彼らに見せたいと思っていました。マイクロソフトにそれを正しく行う方法を示すプロジェクトだったかもしれませんが、ソフトウェアが非常に多く、新しいアプリケーションがたくさん必要であり、すべてを変更しなければならず、非常に難しいことをすぐに認識しました。マルチタッチそのものだけでなく、それをフルスクリーン表示に拡大することもできませんでした。

ファデル氏によると、iPhoneは私たちの人生を変えてしまったが、私たちは人生のアナログ部分を失わないようにする必要がある。