PandoraのCEOは、同社の闘争が続く中、正式に辞任

Pandoraは、Apple MusicやSpotifyのような企業との競争に苦しんでおり、創業者のTim WestergrenがCEOとして辞任することを正式にに発表しました。

声明のなかで、Pandoraの取締役Roger Faxon氏は、同社がストリーミング・ミュージックの「シェアを拡大する」立場にあると感じていることを指摘して、同社はここ数週間、「Pandoraの再フォーカスと強化」を重視していると説明しました。

Roger Faxon理事は、「過去数週間、Pandoraに焦点を当て強化するための数々の措置を取ってきた」と述べています。

リスナーが伝統的な地上波ラジオから、よりダイナミックでフレキシブルな製品に移行し続けるにつれて、この移行は大きなチャンスを生み出し続けており、Pandoraはこのオーディエンスのシェアを拡大する理想的な立場にあると信じています。

CFOのNaveen Chopra氏はCEOに任命されましたが、Pandoraの取締役会は恒久的な取締りを積極的に探しています。 

今月初め、Pandoraは、Siriusに19%の株式を売却すると発表し、Ticketflyも2億ドルで売却した。 

Westergrenは2000年にPandoraを創設し、同社はオンデマンドストリーミング音楽の市場の変化に適応するために苦労しています。 Pandoraは今年初めにApple MusicのライバルのPandora Premiumを立ち上げたが、このサービスは消費者の関心を引くことができなかった。同社は、新しいCEOが、それが前進できるよう再編成と再調整の手助けを望んでいる。