iMac Proは、ARMコプロセッサを搭載したサーバーグレードのIntel ‘Purley’プロセッサを提供?

Appleは今月初めにWWDCで新しいutlra-powerful iMac Proを試作し、マシンの基本仕様をいくつか発表し、12月に4999ドルで発売すると発表した。ブログパイクのUniversumは、iMac Proのパワーに関するいくつかの追加の詳細を持っていると主張します。

iMac Proは、Intelの次世代サーバー級Skylake-EXプロセッサーとSkylake-EPプロセッサーを搭載しており、macOS High Sierraベータ版のファームウェアファイル内の情報を引用している。さらに、このファイルは、デスクトップクラスのLGA2066ソケット(MR経由)とは対照的に、iMac ProがIntelのサーバクラスのLGA3647ソケットを使用することを示していると伝えられています。

つまり、LGA2066ソケットを使用するSkylakeプロセッサやKaby Lakeプロセッサではなく、コードネームのPurleyというサーバレベルのXeonプロセッサをiMac Proが提供するということです。

また、このブログでは、iMac ProにはMacBook Pro with Touch Barのようなセキュアエンクレーブの形のARMコプロセッサが搭載されていることに注目しています。 Secure Enclaveは、Macにセキュリティレベルを追加し、Touch IDをサポートできることを示唆しています。 AppleはTouch IDがiMac Proの機能であると述べているが、付属のSpace Grayキーボードに実装できるとは思えない。

この報告書の正確さについては、PikeのUniversumが、4月にiMacの仕様の一部を明らかにしています。Xeonプロセッサ、高速ストレージとRAM、USB-C、改良されたグラフィックスを搭載していると述べました。

さらに、今年初めにブルームバーグからのレポートは、Appleが将来のMacモデルに搭載するかもしれないARMチップを開発していると主張しました。

WWDCのステージでは、iMac ProはRadeon Pro Vegaグラフィックス、4TBのSSDストレージ、128GBのECC RAMなどの仕様で設定可能で、マシンを「これまでで最も強力なMac」と宣伝し、Appleは概説しました。マシンは$ 4999から始まりますが、一部の報告では完全に最大化されたモデルは$ 17,000までの範囲に及ぶ可能性があるとの報告があります。

ここで重要なことは、iMac Proに関する多くの詳細がまだ明らかになっていないことです。Appleが正確な仕様をまだ打ち明けていない可能性があります。