夏休みに、iPhone修理で200万円以上稼いでいる若者たち

米国では、ティーンエイジャーは長期夏休みで休暇を楽しむことができますが、一部の若者は夏休みの間、仕事をします。伝統的には、毎月の低賃金の仕事ですが、中にはiPhoneを修理して2万ドル以上を稼ぐ人もいます。

WSJは、昨年の夏に約2.4万ドルを稼いだ16歳の1人と話しました。グレイソンショー(Grayson Shaw、上記)は、休みの間でも、仕事が大好きで、破損したiPhone 7 Plusの修理には189.99ドル、昨年の夏には24,000ドル近くで1日に9台のスマートフォンを修理していたと言います。

18歳の少年は、父のボーリング場での仕事をやめ、自分独自のiPhoneの修理より多くのお金を稼いでいると語った。 YouTubeのハウツー動画を見てiPhoneの修理方法を学んだようです。

しかし、それはすべての利益になった訳ではないようで、修理に失敗し、壊れた電話機を交換するために2回ほど支払いを行なったようです。

時に、誤ってiPhoneでケーブルを挟み込み、指紋センサーを壊してしまい。彼は顧客に新しい電話機で400ドルを支払ったことがあるようです。

どんな学校でも似たような10代を見つけることができると言っています。