Jibestreamは屋内アップルマップをサポート、Branding BrandはARKitを採用

JibestreamはiOS 11の新機能である屋内マッピングデータをApple Mapsに提供することをクライアントと連携しました。また、Branding BrandはARKitを使用してアプリの拡張現実体験を提供できるようにします。

屋内マッピングはAppleマップの長い間噂されていた機能で、そのほか、速度制限のサポートや車線案内が対応され、iOS 11で登場します。屋内マッピングは、さまざまな都市のショッピングモール、空港などのフロアプラン、関心ポイントをサポートします。

Jibestreamは新しい機能をサポートする予定です。

Jibestreamは、高精度の多次元マップを作成することにより、ロケーション次元をエンタープライズビジネスアプリケーションにマージします。 Jibestreamマップ変換ツールを使用することで、クライアントは現在、Google MapsとApple Mapsを介して公開することができるスペースの側面を制御できます。これにより、クライアントは地図を完全に管理できるようになります。また、Jibestreamプラットフォームを利用して、公開されている地図の真実の単一のソースとして機能することも可能になります。

ARKitでは、Appleの新しい拡張現実感ツールを使用してiOSアプリでARエクスペリエンスを作成する計画を発表しています。

業界をリードする小売アプリプラットフォームであるBranding Brandは、世界最大のAR(拡張現実感)プラットフォームであるARKitを活用して、ショッピングを次のレベルに引き上げようとしています。

ARKitのリテールアプリでは、iPhoneやiPadのカメラを使ってよりスマートな購入意思決定を行うことができます。自宅で買い物客は事実上衣装を着用したり、家電製品を購入する前に自分の台所のカウンタートップにどのように収まるか見ることができます。店舗内の買い物客は、強化されたウィンドウショッピングを体験でき、製品を直接見ると、顧客レビューや星評価などの情報のオーバーレイを見ることができます。