iPhone 8スクリーンプロテクター、ほぼベゼルレスのデザイン、フロントカメラ&センサーカットアウト

iPhone 8スクリーンプロテクターが中国のソーシャルネットワーキングサイト「Weibo」で流出しました。スクリーンプロテクターはSlashLeaksとTwitterでも共有され、iPhone 8のより小さいベゼルと正面向きのカメラとスピーカーカットアウトを反映しています。

上記の画像で見られるように、Twitterのleaker Benjamin Geskinでは、強化されたガラススクリーンプロテクターは、iPhone 8がほぼベゼルを提供することを表しており、他のレポートを裏付けるディスプレイの4つの側面すべてが、ベゼルフリーのフロントデザインになっています。

下のビデオは、スクリーンプロテクターを実際に確認しています。。これは、iPhone 8がにサイズの面でどのように形を整えるかがわかります。これまでの報告では、iPhone 7の138.3 x 67.1 x 7.1 mmとiPhone 7 Plusの158.2 x 77.9 x 7.3 mmに対して、デバイスのサイズが143.59 x 70.94 x 7.57 mmであると報告されています。これは、iPhone 8がiPhone 7と7 Plusの間に位置することを意味しますが、どちらのモデルよりもわずかに厚いようです。

一方、MobileFunは、 "Olixar" iPhone 8フルカバースクリーンプロテクターを掲載しています。オンライン小売業者は、このプロテクターは「頑丈さ、高い視認性、感度をすべて1つのパッケージに」提供していると述べています。

これらのスクリーンプロテクターが示す興味深い点の1つは、Appleがフロントカメラ、近接センサー、およびイヤースピーカーのカットアウトをどのように処理するかです。いくつかの報告では、センサが実際にディスプレイの後ろにあることが示されていましたが、最近の情報源は、Appleがそれらの技術を収容するためにディスプレイに若干の切り欠きを設けているとしている。しかし、iPhone 8 OLEDディスプレイの深みのある黒と組み合わせることで、Appleはカットアウトにもかかわらず、デバイスのトップをすべてのディスプレイとして表示するようになるかもしれません。

以前はiPhone 8の寸法が噂されていましたが、この流出したスクリーンプロテクターは聞いたことの多くを裏付けています。 iPhone 8には、ワイヤレス充電、防水、ガラスバック、拡張現実感機能、顔認識などの新しい生体認証機能などが搭載されています。

タッチIDがどこに置かれるかはまだ分かっていませんが、最新のレポートではセンサーがiPhone 8ディスプレイに埋め込まれていると報告されています。