マイクロソフトのWindows 10 Sサーフェス・ラップトップは実質、修復不可能?

マイクロソフトサーフェス・ラップトップは、デバイスを破壊することなく修正することが不可能な「接着剤で満たされた」PCであるようです。

これは、iFixitのスペシャリストの評判で、Windows 10 Sデバイスに10点満点の修復可能性スコアが0という激しい評価です。

ティアダウンの専門家によると、はんだ付けされたプラスチック製のシェルにより、ネジが完全に欠如しているため、機械の一部を破損することなく機械を開けることはできないとのこと。

iFixitは、(マザーボードを介して)次のように述べています。「10分の1で計算したとすると-1とです。このデバイスを非破壊で開くことは物理的に不可能です。」

「表面のラップトップはラップトップではなく、接着剤で満たされた怪物です。アップグレード可能で長持ちするものは何もなく、文字どおり開封することはできません」

iFixitによると、バッテリーは交換が難しいだけでなく、危険でもあり、デバイスの寿命が限られていると主張しています。

マイクロソフト・サーフェス・ラップトップが10万くらいから始まることを考えると、購入を考え直す人々が増えるかもしれません。