Androidアプリ、GoogleのAwareness APIが、時間、休日をローカライズ可能に

昨年のGoogle I / Oで興味深い開発の1つは、Awareness APIでした。現在の状況を理解することで、Androidアプリは何が起きているかに基づいてインテリジェントに対応することができます。開発者のためにローカリゼーションを自動的に処理するSemantic Timeのサポートにより、APIが更新されています。

Awareness APIは、アプリが位置、時間、天気、ユーザーアクティビティなどのシグナルを利用するための2つの方法で構成されています。開発者はSnapshot APIを使用してコンテキストを要求できますが、Fence APIでは変更された信号に基づいて、アプリは反応することができます。

たとえば、「ユーザーが歩いていてヘッドフォンが差し込まれている」ときに、メディアアプリが曲の再生を開始できるようになります。

Googleは現在、時間条件の設定方法に関してこのAPIの機能を拡張しています。これまでは、日の出や日没などの流動的な時間で、開発者にサードパーティのAPIを使用を要求する絶対的な時間を設定する必要がありました。

開発者は、日没/日の出や祝日など変化する時間の定義に基づいて、アプリとAPIを対応させることができます。後者は、開発者が既存のAwareness APIを使用して、デバイスのローカル設定に基づいて時間と休日をローカライズできるようにすることで強力なものとなります。

セマンティックタイムのサポートは、今日からAwareness APIで利用可能です。