自動運転へAppleの次の動きを分析

過去数年間で、自家用車の噂は、iPhoneのほぼすべての製品よりも、Appleの周りで多く噂されていました。同社が車全体をプロデュースするかどうかは不明だが、自家用車をサポートする技術に興味を持っていることはもはや明白です。

Apple CEOのTim Cook氏は、今週開かれたブルームバーグテレビのインタビューで、自律システムを「コア技術」と呼んで、重要な分野と考えていることを確認した。

実際にそのような製品が表面化してくるには、今から数年以上かかるかもしれません。しかし、先週のWorldwide Developers Conferenceからの発表を見ると、最終的にそのようなプロジェクトがいくつか、今年に出てくるかもしれません。

機械学習の許可

Appleの機械学習への関心は、先週の基調講演の大きなテーマでした。同社は、サードパーティの開発者がApple社の機械学習の能力を活用するためのフレームワーク、Core MLを発表しました。

機械学習は、もちろん、自家用車の重要な要素です。ブルームバーグのインタビューで、クック氏はこれを「すべてのAIプロジェクトの母」と表現しました。そして、Core MLの特徴は、それが自律システムにおいて重要な役割を果たすことを示唆しているようです。例えば、同社はクラウドベースのリソースに頼るのではなく、Core MLを「デバイス性能に最適化された」と表現しています。それは重要なことです。なぜなら、自家用車はインターネットに接続できなくても自己運転を続ける能力が必要ですだからです。

AppleはiPhoneのコンテキストでVIsion APIを導入しましたが、自走車にどのように組み込むことができるかはまだどわかりません。

AppleがiOS向けに発表したもう1つの機械学習技術は、サードパーティ製のアプリで画像や動画をスキャンしてオブジェクトを検出して識別できるVisionフレームワークです。他の車両、歩行者、車線マーカーなどを検出することができるように、自律走行システムで明らかに重要な機能です。このVisionフレームワークの機能を簡単に見てみると、水平線を検出したりオブジェクトを追跡したりするための機能が示されています。どちらも自家用車にとっては非常に便利です。

先週、Appleはまた、新しい拡張現実フレームワークであるARKitのデモンストレーションにかなりの時間を費やしました。ARは自律駆動システムにあまり重要ではないように思えるかもしれませんが、これはおそらく、Appleの考え方が発揮される場所なのかもしれません。同社は何らかの種類のベアボーンの自転車を作ることに満足するつもりではなく、このAR技術で、ラグジュアリーとイノベーションを作り出そうとしているのかもしれません。

開発者向けのAPIであるARKitは、WWDC 2017でデビューしました。

将来のApple Carが、ドライバーに重要な要素を強調したり追加したりできる、拡張されたヘッドアップディスプレイを提供するのかもしれません。例えば、電気自動車のバッテリーが充電を必要とする場合、増強されたシステムは充電ステーションを誘導してくれることができるかもしれません。また安全性の確保のため、視界の悪い状況では、車の道にいる動物、人、その他の物体を検出して強調表示してくれることができるかもしれません。

これらの機能のすべては、自動車にとって重要な技術になる可能性があります。車のアイデアを一から再構築する機会を得て、アップルは拡張された現実をドライバーとその周りの世界との間の主要なインターフェース層にたいして、変革をもたらそうとしているのかもしれません。