Appleは10億ドルのグリーンボンドを発行し、100%の再生可能エネルギーに近づく

0
303

2ヵ月前、アップルは世界全体のエネルギーの96%が再生可能エネルギー源である事に関連し、サプライチェーンの再生可能エネルギーに投資することで100%する事を約束しました。今日、Appleは、再生可能なイニシアチブを促進するために10億ドルのグリーンボンドを発行すると発表しました。

Bloombergが報告したように、昨年Appleは米国の企業史上最大のグリーンボンドを15億ドルで提供しました。トランプ大統領がパリ気候協定から、米国は撤収すると発表した約2週間後、アップル社は同社とそのサプライチェーンを100%再生可能エネルギーに移行させるためにさらに10億ドルの債券を発行しました。

匿名の情報源からは、債券についての詳細な予測が提供されています。

取引が非公開であるため、名前を伏せているこの人物によると、国債よりも95〜100ベーシスポイントの利回りが得られる。Aa1と評価されると予想されている、と同氏は述べた。

その計画のために債券を提供することを決定することは、Appleがオフショアの現金に浸る必要はないということを意味する。企業が環境に配慮した取り組みのためにリソースの利用先は次の内容です。

同社は、次の四半世紀にわたってサンフランシスコ近郊の130メガワットの太陽熱発電所に850百万ドルを含む、オレゴン、ノースカロライナ、ネバダ、アリゾナ、カリフォルニアの太陽エネルギー、水力発電所およびバイオガス施設に投資しており、卸売エネルギー市場への電力供給を目指します。

ティム・クック氏は、他の多くのハイテク産業界の指導者と共に、トランプ大統領に、パリ気候協定に合意するよう促した。トランプ大統領が協定を辞退することを決めた後、ティムクック氏はアップルの従業員と電子メールを共有し、その選択についての不満と失望を述べ、気候変動と再生エネルギーの可能性に関するアップルの立場を再確認しました。

気候変動は否定できません。地球の資源は永遠に続くことはありません。また、人々が製作して使う技術は安全でなければなりません。私たちはこれらの現実に疑問を抱くことはありません。私たちはビジネスのあらゆる部分において、自分たちができることを尋ね、挑戦します。