Androidレビュー:Oukitel K10000 Proはスマートフォンとバッテリーパックの間のライン

バッテリーの寿命は、常にすべてのスマートフォンで重要な要素です。どのようなクールな新機能を導入したとしても、実際にその機能を使用するタイミングに出会えることが大事です。ソフトウェアの最適化はバッテリ寿命のためにおこなわれす。 iOSは比較的小型のバッテリーから長い持久力を引き出すことで、長い間賞賛されてきましたが、近年Androidの方がずっと良くなっています。それでも、ソフトウェアだけができることは限られています。では、10,000mAhのバッテリーをスマートフォンに詰め込むとどうなるでしょうか?

K10000 Proは大容量の電池容量にちなんで命名され、OukitelのK10000シリーズから2番目の電話機です。外側からは、厚さ14mm、質量288グラムという驚異的なデバイスです。大きさはギャラクシーS8とHuawei P10を2つ重ねた厚さとほぼ同じです。

しかし、それだけではありません。 K10000 Proはどんな落下にも耐えられるほど丈夫で、レトロな素材で作られています。フレームは金属で作られていて、取り外し不可能なバッキングはオーストラリアのカーフレザーです。

フレームの周りには、ポートとコントロールがあります。スピーカーとmicroUSBポートが下部に並び、上部が3.5mmのヘッドフォンジャックです。また、携帯電話の背面にあるカメラの下には指紋センサーがあり、その厚さにもかかわらず、正確な読取りが可能です。

それの重さゆえに、最も快適な電話ではありません。また、鋭いコーナーのため、 K10000 Proを10分または15分以上、手で持っているのが辛いところもあります。ありがたいことに、鋭いコーナーは付属のシリコンケースで緩和できますが、他のハードウェアの問題はそれほど簡単に修正できません。

K10000 ProにはNFCやLTE接続などの基本的なコンポーネントが欠けています。 5.5インチディスプレイは1080pでかなり鮮明で、かなりまともな視野角を持っていますが、つよい青い色合いがあり、修正するのは不可能です。

すべての中で最悪なのはmicroUSBポートです、USB-Cでないだけではありません。ポート自体はシャーシ内に深く入っているため、実際にプラグインするのに十分な長さのコネクターを備えた単一のケーブル(付属のものはもちろん除く)が必要です。これは意図的に設計されているようです。Oukitelから直接交換品を購入する必要があります。

Androidの最新バージョンではありませんが、バージョン7.0のNougatが搭載されているのがうれしいです。ウェブブラウザやカレンダーのような、あらかじめインストールされた多くのAOSPアプリがあります。これらのアプリは、現代のGoogleと比べてだいぶ時代遅れな感じです。

電話には非常に小さなbloatwareがありますが、特に歓迎されているThemesアプリです。デフォルトのアイコンセットは悲惨です。いくつかのアプリは周りを囲むラップを持ち、他のアプリは四角に座っていて、いくつかのアプリには全く境界がありません。

遭遇する不満の1つは、スマートソーマトセンスというメニューです。アイデアは、さまざまなジェスチャーでギャラリー内の写真をめくったり、ディスプレイの前に手を振ったりして写真を撮るなどの操作を行うことができるということです。ジェスチャーがどのようなタスクを実行するかに関する説明はなく、試行錯誤してコマンドを理解することができても、うまく動作することはめったにありません。スクリーンオフジェスチャーは別の話ですが、スクリーンで文字を描いて別のアプリを起動することができます。

K10000 Proに威力を発揮するMediatekチップセットは、8つのコアが必ずしも最大性能を発揮するとは限らないようです。携帯電話はゲーム内のフレームレートに追いつくために苦労しており、システムUIさえあれば時々悲鳴を上げるます。