アップルのCEO、ティム・クック氏は自動運転はiPhoneメーカーのための「コア技術」だと語る

0
257

アップルの電気自動車や自家用車に関する報告書は数年前から浮上していたが、ティムクック最高経営責任者(CEO)は細部の確認や否定については慎重だった。

しかし、彼は今回、「中核技術」と呼ばれる自家用車開発のAppleの努力について、まれなコメントをしている。

クック氏は、先週のWWDCカンファレンスの傍らに、ブルームバーグとのインタビューでコメントをした:

"そこには大きな混乱があります。私たちは自律システムに焦点を当てています。自律システムの1つの目的は明らかに自動車です。他にも、AIプロジェクトの母と見なすことができます。それはおそらく実際に作業するのが最も困難なAIプロジェクトの1つです。自律性は私たちにとって信じられないほど刺激的なものです"

Appleが4月にカリフォルニアで自走車をテストするための許可を取得して以来、Appleが自走技術に取り組んでいることは明らかです。

それほど明確ではないことは、Appleが技術を使ってやろうとしている内容です。

Cook氏は会社が車を建てるかどうかをまだ名言していない。

「私たちはどこに行くのか見ていきます。私たちは、製品の観点から、私たちが何をするのかを実際には言いません」

同社は、自己駆動ソフトウェアを開発するために、レクサスRX450h SUV(カメラブルームバーグ経由)のカメラ、レーダー、ライダーセンサーを備えたカスタムハードウェアスイートを使用しています。

彼らはAlphabet’s Waymoに似たビジネスモデルを目指すことができるように見えます。これは、自己運転技術を開発し、アップルの車のような他の自動車製品と共に他の車両に組み込むことを意味します。

彼らはテスラ、ウェイモ、GMクルーズなどのような現場の競合相手の後ろに小さな隊を運営しているだけですが、クック氏はそれについて真剣に考えています。

Appleはそれを実現するために多くのリソースを持っています。

彼はAppleのベテラン、Bob Mansfieldが率いるこのプロジェクトをAppleの広範なAIの取り組みと結びつけている。

「それはすべてのAIプロジェクトの母です。おそらく最も難しいAIプロジェクトの一つです」