Appleは、アプリ内購入でコンテンツクリエイターに「ヒント」(チップ)提供可能に

Appleは今週App Storeレビューガイドラインを更新し、開発者がアプリ内購入の形でバーチャル通貨を提供し、ユーザがアプリ内のコンテンツクリエイターへ「ヒント」(アプリ内チップ) を提供できるようにしたことを発表しました。

その他のアプリ内購入と同様に、コンテンツクリエイターの取り分は、使用されるバーチャル通貨から30%減額されます。

TechCrunchによれば、YinkeやYizhiboのようなライブストリーミングアプリでは長い間、バーチャルの贈り物を贈ったり、与えたりすることが許可されています。中国では、このようなアプリ内チップ機能はとても人気があります。

しかし先月AppleはWeChatや他の中国のソーシャルネットワーキングアプリに、App Storeのルールに準拠するため、独自のチップ機能を無効にするよう伝えたと伝えられている。

アップルの取り分30%を考慮して、開発者はコンテンツクリエイターにどのくらいのチップを提供できるか計算する必要がありそうです。