AppleはQualcommの紛争により、iPhone 8の所有者に新しいギガビットデータ速度を提供できないかも?

0
442

ブルームバーグの報道によると、iPhone 8の所有者は、今年後半に米国で利用可能になると予想されるより高速なデータ速度を利用できない可能性があり、アップルとクアルコムとの間の紛争が原因かもしれない。

AT&T、Sprint、Verizonなどの通信事業者は、今年後半に新世代の無線データを導入することを約束しています。しかし、それはモデムに互換性がある場合でも、iPhone 8でサポートされない可能性がある。

ブルームバーグの報道によると、クアルコムはギガビット対応のモデムを提供しているが、同社との紛争は、チップメーカーへの依存を緩和しようとしている。アップルはクアルコムとインテルのミックスモデムを使用し、インテルのものは高速のスピードをサポートしないといわれています。

iPhoneの所有者が使用するモデムによって速度が大きく異なることを避けるために、AppleはQualcommモデムの速度を制限する必要があります。

インテルがチップを提供できるようになるまでは、クアルコムのモデムを搭載した携帯電話の機能の一部をアップルが利用することはできない可能性があります。

アップルは一般的に高速のワイヤレスデータ規格を採用するのが遅い。

オリジナルのiPhoneは2007年に3Gネットワークをサポートなしで発売されましたが、それでもまだ大成功をおさめていました。また、iPhoneは4Gネットワークの基礎であるLTE技術を2012年までサポートしかった経緯があります。

また、今年のサムスンのGalaxy S8はすでにギガビット速度のために必要なモデムが装備されています

クアルコムとAppleの法廷闘争は最近、アップルを非難しているチップメーカーまで巻き込み、ますますヒートアップしています。