App Storeでは、公式APIを使用してアプリの評価をリクエスト可能に!独自機能は禁止?

App Storeのポリシーの変更や、MusicKitのようなiOS 11で導入されたフレームワークの使用に関する新しいルールのため、今週App Reviewガイドラインが更新されました。

1つの変更点は、セクション1.1.7の追加です。この新しいセクションでは、開発者はiOS 10.3で追加された公式のアプリ内評価UIを使用する必要があり、「カスタムレビューのプロンプトが表示されなくなる」と述べています。

新しいApp Store評価APIが、年初にiOS 10.3ベータ期間に導入されたとき、採用はオプションであったが、Appleは最終的に義務化されると警告しました。

その時が来たようです。ここでは、App Storeレビューのガイドラインに関連する追加事項を示します。

提供されたAPIを使用して、ユーザーにアプリのレビューを促す。この機能により、顧客はApp Storeの評価と提供をアプリを離れることの不便さなしに行うことができ、カスタムレビューのプロンプトは許可されません。

言語はかなり明確で、Apple APIを使用してカスタム実装の使用をやめる必要があります。 Apple APIへの変更には、開発者とユーザーにいくつかの利点と欠点をもたらします。

開発者は新しいAPIを好みます。これはユーザがアプリを離れることなく評価を提供できるようにするためです。カスタム実装は、最終的にApp Storeにナビゲートされるアラートをポップします。統合されたアップルの評価プロンプトを使用すると、ユーザーはサードパーティのアプリで遷移する事なく、1〜5個の星を選び、完了を押すことができます。

しかし、アップルはまた、レーティングプロンプトを表示できる頻度に制限を設けています。アラートは年に3回しか提示できません(これはシステムによって強制されます)。ユーザーが評価を終了すると、その後、新しいバージョンがリリースされた後、少なくとも1年間はアラートが表示されません。この動作は、アプリが評価をあまりにも頻繁に求めているよう対応しています。

これはユーザーフレンドリーですが、一部の開発者は制約に満足していません。たとえば、ユーザーが既に数か月前にアプリを評価していた場合、主要な機能変更の更新後にレビューを求めることはできません。

また、ユーザーには、より多くのコントロールが与えられます。設定には、これらの警告が表示されないようにするグローバルスイッチがあります(設定→iTunes&App Store→アプリ内の評価とレビュー)。

AppleがiOS 11 App Storeの再設計の一環として、開発者がレビューに寄せていた苦情の1つに取り組みもしています。アプリのアップデートをリリースすると、ストア内のアプリの星評価がゼロに戻されます(これは、すべてのバージョンの総計ではなく、現在のバージョンのレビューに基づくものです)。 iOS 11から、開発者はアプリのアップデートを通じてスターの評価を保持できます。