iOS 11、メッセージに「Echo」「Spotlight」2つの新しいスクリーン効果を導入

今秋、iOS 11のiMessagesアプリでは、2つの全く新しいスクリーンエフェクトを共有することができます。

新しい「エコー」オプションは、メッセージを画面全体に舞わせて、テキストを友人に送信します。 2番目の「Spotlight」は、友だちのiOSデバイスに送信されたテキストに大きなスポットライトを置き、メッセージに重点を置かせます。

新しいバブルエフェクトはiOS 11には追加されていません。少なくとも、ソフトウェアの最初のデベロッパーベータ版ではありませんでした。

昨年、iOS 10でスクリーン・エフェクトとバブル・エフェクトがデビューしました。メッセージ・ストアの追加により、メッセージ全体が大幅に改善されました。新しいプラットフォームでは、支払い、ゲーム、夕食の予約、ステッカーなどのアプリを、メッセージ内でミニチュア版としてダウンロードできるようになりました。

昨年のアップデートと同じくらい大きいものではないですが、メッセージはiOS 11でもう一度見直される予定です。この秋、アプリの主な新機能は、メッセージアプリのためにデザインされたApp Drawerで、これはテキストフィールドの下にスクロール可能なツールバーとして配置されます。アプリは、iOS 10のユーザーインターフェイスと比較して簡単にアクセスできるようになります。