アクセシビリティの新機能:iOS 11の「スマート反転色」、MacOSのオンスクリーンキーボード、VoiceOver

今週、iOS 11とmacOS High SierraがAppleのWorldwide Developers Conferenceで発表され、障害を持つユーザーのエクスペリエンスを向上させる新しいアクセシビリティ機能を導入しています。

この新機能の中で、AppleはVoiceOverユーザーのためのテキスト検出と写真の記述を改良しています。大規模なテキストエクスペリエンスシステムを拡張し、新しい「スマート反転色」モードを導入、Macユーザー向けに新しいオンスクリーンアクセシビリティキーボードを搭載しています。

Appleはアクセシビリティのユーザーが、iOS 11とmacOS High Sierraに到着する新しいType to SiriとDrag and Drop機能を利用できるようにする予定です。以下は、これらの機能の説明になります

Mac用アクセシビリティキーボード

MacOS用の新しいアクセシビリティキーボード。High Sierraはアクセシビリティユーザーを念頭に置いてデザインされたオンスクリーンキーボードを搭載しています。新しいキーボードは、システム環境設定のアクセシビリティパネルからアクセスできます。これには、スクリプト操作で完全にカスタマイズ可能なキーを追加するシステムが含まれているため、ユーザーは、アプリケーションの起動、テキストの入力、キーの押下、システムイベント、提案の入力、Dwell、AppleScriptsなどの操作を行うことができます。

スマート反転色

アクセシビリティのためのAppleの古い反転色オプションは今後も利用可能になりますが、新しい「スマート反転色」モードを導入し、「クラシック」と呼ばれています。この新しいオプションは、グラフィックスや画像のようなコンテンツの色を反転させないため、残りのUIでは反転色の利点と同じようにし、元の状態でコンテンツを表示し続けることができます。

たとえば、ホーム画面の壁紙とアプリのアイコンは反転しません。また、写真アプリでは残りのUIを逆にして元の写真のコンテンツを取得します。

既にくらいUIを持っているクロックのようなアプリの場合、スマート反転色は何も変更しません。

テキスト検出

iOS 11とmacOS High Sierraの両方にアクセスするためのアップデートの1つは、視覚障害のあるユーザーの画像のテキスト検出の改善です。これを実現するために、アップルの最新ソフトウェアは自動的にイメージの基本的なテキスト検出を行い、テキストを検出してボイスオーバーでユーザーに声を出して話すことができます。

改善された写真の説明

改善された写真の説明も、同様に基本的な分析を行い、画像に含まれるものを見つけ出し、それをユーザーに声で説明します。 Appleは、ソフトウェアが、顔の数、表現、全体のシーン、ぼやけ、明るさのレベルなど、画像内のさまざまな重要な特徴を探すと説明しました。上に描かれた画像の場合、VoiceOverの音声の説明は、「1顔、1笑顔、ナイトクラブ、ぼやけた、明るい」となります。

大きなテキストの拡張

アップルは、テキストオプションを持つユーザーのために、iOS 11で新しいシステム拡張機能をいくつか発表しました。開発者がダイナミックタイプを使用して独自のアプリでより大きなテキストを採用できるようにする新しいAPIもあります。

タイプをSiriに

開発者とのWWDCセッション中に、AppleはSiriとテキスト入力を使用して対話する機能により、より多くのユーザーが利用できるようになると指摘しました。