Archisketch:iPad Pro 、Appleサイトで紹介されている建築向けiPad アプリ

タブレットは、建築家やデザイナーにとって全く新しい可能性を広げてきましたが、多くの場合、単純な操作では精度があまりにも低く、複雑な描写に不向きです。これまでArchipadとして知られていたiPad用アプリ、Archisketchは、スムーズですっきりとデザインで、単純な操作から正確な描写を合理的に可能にすることを目指され作られています。

このアプリケーションを設計したチームは、「設計プロセスの初期段階としては、理想的にできました。」と表現しています。デザインをCADアプリケーションにエクスポートする前に、最初のアイディアを自由にスケッチすることができます。 Archisketchは、ポイント・スナップ・ガイドやスナップ・ガイドなど、私たちが慣れ親しんだ機能を統合し、iPadが提供する直感的な操作性に対応します。

最新バージョンには、アプリの機能を洗練させた多数のアップデートが含まれています。彼らは、精度を高め、機能を向上させるために取り組んでいます。その結果はすでにかなり印象的です。ベクターベースの図面をPDFにエクスポートでき、エクスポートは信頼性が高く、高品質の画像を作成します。高速で応答性が高く、直感的に使えるので、Archisketchは探していたベスト建築向けアプリかもしれません。アイデアをスケールアウトする能力を組み込むことは、App Storeでもユニーク機能です

アプリの機能リスト:

  • 図面のスケールまたは距離を設定するための線の測定
  • 複数のレイヤー
  • 形状とフリーハンド描画ツール
  • シェイプに関連付けられたスナップポイント
  • 既存のシェールの編集
  • 複数の図形を複製する
  • 画質を損なうことなく拡大/縮小できます。
  • レイヤーまたは図面全体を回転または移動する
  • レイヤーを複製または反転する

他の図面からレイヤーを作成して、プロジェクトのさまざまなビューを生成する

アイソメトリックグリッドと、アキノメトリックグリッドを含むスケーリンググリッド

ガイドラインは等しくまたは特定の距離に細分することができます。

図面の品質を損なうことなく、任意の縮尺でA3サイズまでブループリントをエクスポートできます。

ArchisketchはiOS App Storeで無料で試すことができ、iOS7以上が必要です。