Appleはフォーチュン500で3位を維持、エクソンモービルを追い越し、バークシャー・ハサウェイ

アップルは、時価総額で世界最大の企業であるかもしれませんが、すべてのランキングを上回るわけではありません。フォーチュン500は米国企業を年間収入でランク付けをしており、アップル社は昨年達成した#3スロットを維持しているが、その他のランキングは入れ替えが発生している。

昨年、AppleはWalmartとExxon Mobilの後ろにあったが、Berkshire Hathawayの前からは1ランク上った。今年、アップルはExxonを破ったが、投資コングロマリットを下回った。

フォーチュンのAppleランク理由の要約は、あまり熱狂的ではありません。

10年以上の堅実な成長がiPodの音楽プレイヤーに支えられ、さらに普及したiPhoneの後で、AppleはiPadをはじめApp Watchなどの他の製品と、アップグレードされたiPhoneモデルに大きく依存しています。しかし、世界で最も収益性の高い上場企業はソフトウェアに多額の投資をしており、自動車を含む新しい分野の取り組みは開発中のままです。

しかし、クリントン・リーフ編集長の分析は、同社を、世界をリードする新しいテクノインダストリー時代に向けてアメリカをけん引する、大胆で魅力的なフリー・エンタープライズ企業の1つであると説明しています」テスラ、ネットフリックス、グーグルも「新しい思想家」例として選出されました。

この記事では、アップル社がカリフォルニアガレージからフォーチュン500メンバーに7年間で到達したと記しています。スライドショーでは、クパチーノ社が世界で初めて1兆ドルの会社になると予測しています。