iOS 11でApple MailでGmailのプッシュが復活?

Gmailのユーザーに朗報です。iOS 11が長年にわたった、プッシュ通知の問題を解決する可能性があります。これで、サードパーティのアプリに頼る必要はなく、Googleのメールアカウントを持つユーザーは、iOSのネイティブMailアプリに戻ることができます。

以前の大きな問題として、iOSのメールではGmailのプッシュ通知サービスが妨げになっており、通知は早く到着せず、大幅な遅延が発生していました。代替オプションは、iOSのネイティブメールアプリを使用する代わりに、Googleが提供しているGmailまたはInboxをダウンロードする必要がありました。 iOS 11では、プッシュ通知の遅延の問題が解決されたようです。

ユーザーは、iOSのMailでGoogleアカウントを設定すると、プッシュ通知がGoogle公式アプリと同じくらい早く届きます。これまでのiOS 10メールアプリでは、Googleアカウントの唯一のオプションは、[手動]と[取得]でした。フェッチオプションには、15分、30分、時間単位、またはマニュアル間隔がありました。 iOS 11では、新しい[自動]スケジュールをフェッチするオプションがあります。このスケジュールを使用してGoogleアカウントを設定すると、Googleの正式なアプリのプッシュ通知と同じくらい早く到着する電子メールが表示されます。

iOS 11のメールでGoogle / Gmailアカウントの使用方法

設定→アカウントとパスワードに移動します。

アカウントの追加を選択

Googleを選択

あなたのアカウント情報を入力してください

アカウントとパスワードに戻る

新しいデータ取得を選択

フェッチの下で[自動的にスケジュールする]

を選択します。

注:メールのプッシュ通知が表示されますが、この動作は引き続きiOSのフェッチメソッドを使用しています。新しい自動フェッチスケジュールオプションによると、「あなたのiPhoneは、電源とWi-Fiを使用している場合にのみ、バックグラウンドで新しいデータを取得します。」になっています。

iOS 11は、まだ初期ベータ段階にありますが、このような小さな機能拡張や修正は歓迎します。

iOS 11は現在、開発者ベータ版で公開されており、今月中に公開ベータ版がリリースされる予定です。