MacBookリフレッシュにより大きな変化が生まれる WWDC 2017

AppleはMacBook Airに軽快なスピードを与えながら、MacBookとMacBook ProのラインナップをIntel Kaby Lakeプロセッサでアップデートしました。

今日のリフレッシュでは、13インチMacBook Airから15インチMacBook Pro(タッチバー付き)まで、すべてのMacBookモデルがプロセッサーのアップグレードを受け、競争相手に対するパフォーマンスを維持します。

Appleは15インチのMacBook ProにTouch Bar with Intel Kaby Lakeを提供しています。ハイエンドラップトップは、2.8GHzクアッドコアから3.1GHzクアッドコアまで、第7世代のCore i7プロセッサで利用可能になりました。

Kaby Lakeは6世代Skylakeプロセッサと同じコアで動作しますが、14ナノメートルプロセスで構築され、より高いクロックレートを達成することができます。 CPUファミリは、HEVCのエンコードとデコードのオンボードサポートも備えています。MacOS 10.13 High Sierraでは、AppleがH.264からH.265に移行する際の重要な考慮事項です。

Appleはまた、主要なノートブックのグラフィックス機能に変更を加え、2GBのメモリを搭載したAMDのRadeon Pro 555ディスクリートGPUを標準オプションとして提供しています。 4GBのRAMを搭載した強力なRadeon Pro 560は、アドオンとして利用できます。

Touch Bar付きAppleの13インチMacBook Proには、3.1GHzと3.3GHzでデュアルコアi5オプションを搭載したKaby Lakeチップも搭載されています。このシリーズは3.5GHzのデュアルコアi7チップで最大4.0GHzのTurbo Boostを搭載しています。グラフィックスは、統合されたIntel Iris Plus Graphics 650チップによって処理されます。

タッチバー付き13インチMacBook Proの下には、2.3GHzのデュアルコアIntel Core i5プロセッサーとIntel Iris Plus Graphics 640コンポーネントを装備した2つのファンクションキー構成があります。オプションとして、2.5GHzのデュアルコアCore i7 CPUを使用できます。

採用を拡大するために、アップルは機能キー付きの13インチMacBook Proのローエンド構成を1,299ドルで提供します。この特定のモデルは、通常の256GB SSDを128GBモジュールに交換し、価格を200ドル引き下げます。

また、12インチMacBookは、1.2GHzのデュアルコアIntel Core m3 CPUから、さらに高い層のバージョンは最大1.4GHzのデュアルコアIntel Core i7プロセッサまで構成可能です。 Appleは、スピードアップに加えて、スピードのあるSSDが、以前のモデルより50%速いというメリットがあると語った。

最後に、長めの13インチMacBook Airは、より速い1.8GHzのデュアルコアIntel Core i5プロセッサーを搭載し、2.2GHzのデュアルコアIntel Core i7チップにアップグレードすることができます。

結局のところ、アップル社のMacBookのアップデートは些細なものであり、ラップトップファミリーを同等のWindowsノートパソコンからスペックで差別化できるように変更しました。今のところ、現状を維持することに満足しているようです。

週末には、「Foxconnインサイダー」と呼ばれる人物が、将来のアップル製品とされるMacBookに関する情報を投稿していました。匿名の情報筋によると、将来のMacBookには、おそらくProモデルとして、電子インクディスプレイが内蔵されたキーボードがあり、設定可能なタッチバーのアイデアがキーボードにも搭載されると主張しています。アップルはまた、オンボードRAMの量を32GBに増やすよう努力しており、タッチバー付きの15インチMacBook Proで現在提供されているものの2倍になります。

e-inkキーボードはFoxeknのアクセラレータプログラムと結びついた技術によって開発された技術であると伝えられています。その会社Sonderは、電子インクデバイスが、10月の時点でアップル製品に含まれていないスタンドアロン製品であることを確認しました。

アップルは設定可能なラップトップとデスクトップのキーボードに関するいくつかの特許を保有しています。将来のMacBookには、Art LebedevのOptimusキーボードのような電子インク、またはより可能性の高いLCD技術を組み込むことができますが、2018リリースは楽観的です。

近い将来、Appleはマイナーチェンジを開始し、内部コンポーネントの改良に集中する可能性が高くなります。例えば、2月の報道によると、同社はメインCPUからオフロードされた低電力機能を処理できるARMチップを開発しており、Power Napのような省エネルギー機能を実現しているといいます。