レビュー:アップルのホームポッドスピーカー WWDC2017

Appleは月曜日、Amazon Echoのようないわゆるスマートスピーカーとの競争相手であるHomePodを公表し、12月デビュー前にWWDCの参加者にデバイスをお披露目した。

どちらのモデルも完全に機能していなかったが、アップル社はサンノゼコンベンションセンターで白と黒のホームポッドを展示していた。唯一の機能はSiriグラフィックがユニットの上にあったため、HomePodにスピーカーハードウェア、プロセッサー、その他のコンポーネントが含まれているかどうかは不明です。

単一の電源ケーブルとは別に、スニークピークバージョンに入出力ポートが搭載されていないため、アップル社はオーディオ転送のための無線接続だけに対応する予定です。この決定は、製品ラインアップからの有線接続を徐々に取り除くという同社の取り組みを考えれば驚くことではないです。

設計上の観点から、ホームポッドは、モダンな家具に適合するエレガントな機器です。 3Dメッシュアコースティックファブリックは、7ツィーターパック、6マイクビームフォーミングアレイ、中央アップファイアリングサブウーファー、シャーシなどの機能的なビットを隠します。

リアルタイムの音響モデリング、オーディオビームフォーミング、マルチチャンネルエコーキャンセルを処理するには、A8チップがスピーカーキャップの下にあります。おそらく最も重要なことは、A8はSiriを起動し、ホームポッドのコマンドを受け入れ、質問に答えることができ、ホームキットのアクセサリなどを制御できるインテリジェントなアシスタントデバイスであることです。

HomePodは12月に349ドルで出荷予定です。