「Foxconn insider」はiPhone 8、Siriスピーカー、Apple ARメガネ、iMacの再設計を報告

0
62

今朝、さまざまなApple製品に関する知識を持っているFoxconnの内部関係者から、興味深いスレッドが登場しました。 iPhone 8、Siriスピーカー、iMacデザインの変更、MacBook用のダイナミック電子インクキーボードなど、さまざまな情報が出てきました。

今日のスレッドでは、リーク元はiPhone 8に対処し、競合する噂のデザインや、デバイスの背面にあるTouch IDの存在(または不足)についての混乱を招いています。 リーク元は今年、1月頃、EVT段階(エンジニアリング検証テスト)でiPhone 8を見たと言います。

彼はTouch IDはデバイスの背面にはないと主張し、デザインはより薄い垂直ベゼルを備えたiPhone 7に似ていると主張した。別のコメントでは、このプロトタイプがこのダミーユニットのように見えるが、「より多くのガラス使用している」と述べた。彼は、メインスクリーンガラスの下にある指紋スキャナはテストされたが、歩留まりが悪いと述べています。。

この情報は初期のプロトタイプから得られたものであり、設計がしばらく流動的であったことが広く報告されています。同氏は、デバイスにタッチIDが付されていないことを強く示唆していたが、これは統合されたスクリーン指紋スキャナが代替品であることを意味するものではない。

WWDC 2017の基調講演で、月曜日に見られる音声補助デバイスであるSiri Speakerに関して、このデバイスは、小さなゴミ箱のMac Proのように見えます。 「Mac Pro」風のデザインがこれまでに噂されています。彼らは、カメラとディスプレイを備えたバージョンを含む複数のデザインをテストしました。 Siri Speakerの最新の噂は、AppleがWWDCで発表する予定の最終製品に、これらのものは含まれていないことを示しています。

iMacに関して、2017年のiMacのアップデートでは、主要な外部産業デザインの変更は反映されないと述べた。しかし、2018年のパイプラインは現在、大きな更新を提案しています。 2018年のiMacリビジョンでは、より多くのガラスと暗い黒の仕上げが使用されているようです。また、マイクロLEDパネルとして輝くアップルのロゴを再導入する予定です。

同氏は、今年はMacBookが内部アップデートだけだと述べているが、将来のモデルではさらに大きな変更が予定されているという。これには、以前聞いたダイナミックなe-Inkキーボードが含まれます。 OLEDのタッチバーはファンクションキーの行に残っているように見え、残りのキーは「電子ペーパーのスマートキー」になります。また、将来の外付けマジックキーボード(’2018 ‘)がタッチバーを含み、この機能セットを取得することを示唆したようだ。

もっとも興味深いことに、AppleのARスマートグラステストに関する知識を持っていると主張しています。テストの初期段階にあると理解されています。 2019年にリリースされる可能性があるこのメガネは、セルロースアセテートのフレーム、骨伝導モジュール、複数のマイクロホン、内部電池、およびユーザの視覚に情報を反映するためのプリズムを有するものとして記載されている。

光学系はおそらくドイツから供給されています。眼鏡には明らかに音声入力用のマイクロフォンと動きを検出する加速度計が含まれています。眼鏡がうなずきや揺れなどの頭の動きを検出し、容積や受け入れのような制御のために眼鏡フレームの一方の側に容量性のストリップを特徴とすると述べている。

これは非常に多くのランダムな情報であり、具体的なものとそうでないものがあります。この人がサブディレイドモデレータにどのような証拠を証拠として提供したのかわからないので、それをどれだけ信頼できるかは難しいです。近いうちにiMacとMacBookのリビジョンがスペックバンプのアップデートに重点を置いていると報告しているため、来年は大きなハードウェアの変更が来ると予想しているようだ。